スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←至福のとき →スパイダーウィックの謎
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  • 【至福のとき】へ
  • 【スパイダーウィックの謎】へ
*Edit
   

映画(ま行、や行、ら行、わ)

 
 ←至福のとき →スパイダーウィックの謎
海の上に浮かぶ船で、老人と少女は2人きりで暮らす。
少女は、10年前、老人がどこからともなく連れてきて、
宝物のように大切に育てあげてきた。
少女はもうすぐ17歳の誕生日を迎える。
その日が来たら、ふたりは結婚式を挙げる・・・
それは老人にとって生きていく証であった。
老人の船で海釣りを楽しむ客たちが、少女にチョッカイを
だそうものなら老人は弓を放って彼女を守る。
老人と少女にとって互いを想う気持ちは、あまりにも自然で、
お互いにかけがえのない存在だったのだ。
そんなある日突然、2人の世界が壊れ始める。
少女が釣り人としてやってきた青年と恋におちたのだ。
少女と老人との間に不信感が芽生え始めてくるのだった・・・

この作品が上映されるのを知って仕事仲間で共に
キム・ギドクファンの子に観に行くように勧めてたんだよね。
自分はちっとも行く機会がなかったからさ。

先日、レンタルビデオ屋でこの作品を見つけて、久々に
その子の事思い出した。K君元気かな・・・笑


キムギドク作品らしい作りというのかな、このストーリーも
初めから終りまでずっとストーリーは船の上である。
そして、老人と少女の間に言葉が無い。
でも、そんな事がまったく違和感なく見ていける。

少女の気持ちの内がね、言葉とかそんな道具を使わなくって
観ている万人にそれが伝わるのがすごいなって思う。

そして映画の題名ともなっている「弓」
少女を守る手段であり、時には占いの道具となり、
また、少女は老人に憎しみをぶつける時
老人に向かって弓を向ける。
そして、少女と老人が結ばれたのも弓を通してである。

そして老人そのものがあの老いぼれた船であったのだと
終焉の時を迎えた時気付いた。

キム・ギドク監督作品ってすごく色んな想い?考え?っていうのが
一つの作品の中に物凄く沢山盛り込まれていて、観ていくうちに
一つ一つ納得させられる。

今はお金をかければそれなりの物が作れる世の中において、
彼ほど、台詞やセットに頼らない監督はいないと思う。
大事な物を伝えるの必要な物って言葉や雰囲気なんかじゃないんだって、
あんなにも純粋に心に響いてくる映画は無い。
私がキム・ギドク監督作品がすきなのはこういう所なんだよね。
スポンサーサイト
もくじ   3kaku_s_L.png   映画(ま行、や行、ら行、わ)
  • 【至福のとき】へ
  • 【スパイダーウィックの謎】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【至福のとき】へ
  • 【スパイダーウィックの謎】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。