スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←フラガール →弓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  • 【フラガール】へ
  • 【弓】へ
*Edit
   

お気に入り

至福のとき

 
 ←フラガール →弓
あなたにとって忘れられない至福のひとときはありましたか?

そう問いかけられると、今の私は
すぐには言葉がでてこないであろう・・・

でも、盲目の少女ウー・インはあのひと時が
かけがえの無い至福のひとときだったのだ。


あまりに可哀想な境遇の下に置かれた盲目の少女。
はじめは見合い相手に嫌われたくなくって
嫌々彼女の身を引き取るチャオは
あまりに彼女の身の不憫さに
仲間と供に彼女がなんとか喜ぶように
嘘で塗り固めた旅館で、マッサージ師として
雇う事にする。

日々生活に困る失業中の身のチャンは
TVを質屋に出してまで彼女に
ワンピースを買ってあげるのだった・・・

一生懸命彼女が働いたお金で「アイスクリームが買いたい」
といい、チャンが買ってきたアイスキャンデーを
美味しそうに喜んで食べるウー。

こんな何気ないひとときこそが彼女の至福のときだったんだ、と
観ていて涙がとまらなくなった。。。

最後は彼女がこの至福のときを糧に
頑張って欲しいと望まずにはいられなかった。


チャン・イーモウ監督の作品には自分の日々の生活を
反省させられることが多い。

私達がいかに貪欲で傲慢な生活をしているのか
素朴さの中に無垢な美しさを見て
わが身を恥じる思いになる。

この映画は私の中でも久々に心に残る作品となった。

スポンサーサイト
もくじ   3kaku_s_L.png   お気に入り
  • 【フラガール】へ
  • 【弓】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【フラガール】へ
  • 【弓】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。