スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←ミュージックオブハート →dot the i
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  • 【ミュージックオブハート】へ
  • 【dot the i】へ
*Edit
   

映画(た行、な行、は行)

IO NON HO PAURA?ぼくは怖くない

 
 ←ミュージックオブハート →dot the i
イタリア南部の一面麦畑に覆われた孤立した村で
両親と妹と暮らす10歳のミケーレはある日、廃屋の裏に
不自然にふさがれた穴を偶然見つける。
「宝物がつまったほら穴かもしれない」とワクワクしながら
中を覗くと、そこには鎖につながれた男の子が横たわっていた。
「あの子は誰?どうしてこんなところに閉じ込められているの?」
この発見は幼いミケーレにとってあまりに恐ろしい出来事だった・・・

いやぁ?十分怖かったです。笑
観ているこちら側が完璧にミケーレの目線になってしまうのです。

大人たちが関わっているある事件、はっきりとは解らないけど
なんかヤバそう位の感覚でしか事件の真相は解らない。
でも、そんな感覚で良いんだよね、子どもの盗み聞きなのだから。
初めの頃、穴の中の少年とコンタクト取る時も
なんか、怖いもの見たさっていうのか怖さよりも
興味?あの子は誰?が知りたくって足を運ばずにはいられない。

こういう時、子どもって大人よりも断然勇気があると感じるんだよね。
怖いもの知らずが成せる業というのか。
もう、私までこの子は誰?どんな目にあっているのと
興味にかき立てられるのです。
誰かに気付かれないかとヒヤヒヤしながら。

たった5軒からなる周囲から孤立した村という設定なのですが、
一面に広がる小麦畑はすごいね。見渡す限り小麦小麦小麦…
なんだけど、のどかなんだけど、なんか幸せそうな
風景じゃないんだよね。なんかもの悲しい雰囲気が漂うんだよね。
ミケーレが簡単に隠れる事が出来るくらい伸びた麦も、
まぶしいくらいの灼熱の太陽も彼らを見守っているものではない。
母親が「大人になったら、この町を出ると約束して」と
ミケーレに語りかけている所からもなんかやるせない感覚が襲ってくる。

ミケーレが穴の中の少年の存在に気付いたときから、
彼は友達との遊びなんかつまらなくなってくる。
それほどまでに穴の中の少年を発見した衝撃は大きかった。
いや、誰だってあんなもの見れば気になってしょうがないんだけどね。

暗い穴の中に閉じ込められ現実を視覚的に捉え切れていない少年との
出会いがミケーレの心を成長させたのだ。
2人好対照な少年を出して、男の子から大人へと変わりつつある
少年時代の心の葛藤を良く表していたなぁと感じました。

所々に衝撃的なシーンがあったりするので、私の中でも
インパクトが強い作品となりました。

スポンサーサイト
もくじ   3kaku_s_L.png   映画(た行、な行、は行)
  • 【ミュージックオブハート】へ
  • 【dot the i】へ
   

~ Comment ~

 

はじめまして
「ネバーランド」のコメント&トラバありがとうございましたw

この映画面白そうですね
今度観てみます

 

こちらこそコメントありがとうございます。
怖いというか、かな~りインパクト大の映画です。
是非、一度観て下さいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【ミュージックオブハート】へ
  • 【dot the i】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。